片貝町 小正月行事 「塞の神」
2003年1月13日

新潟県小千谷市片貝町 浅原神社 
 前日夜、河口湖遠征より帰ったばかり。
帰りはとんだハプニングに見舞われ、いつになく体が重い。。。
 しかし、片貝で生まれ育った身、「塞の神はやっぱ外せないでしょう」、ということで重い体にムチを打ちながら新潟を出発!
それに何といっても今年は女優さんが来るしぃ〜〜♪(^^)
 今年4月から放映スタートする、某N○K朝の連続テレビ小説「こころ」に花火師の娘役として出演される、「かとうかずこさん」が福餅まきに来られ挨拶をされるとのこと。
別にファンではないのですが、片貝で芸能人が拝めるなんて、そう滅多にないことですからね。これは行かなきゃウソでしょう(^^ゞ
 「塞の神」は全部で3基、写真中央手前が17:00からの福餅まき後に点火、19:00からの福餅まき後には、右奥の成人の「塞の神」が点火され、スターマインが打ち上げられます。
そして、最後に左側の「大塞の神」に点火され、スターマインが打ち上がり終了となります。
 夕方18時からは、神社参道入口、参道両脇に並べられたろうそくの明りが灯りました。
 参道入り口には、この年の「片貝まつり」の主役を担う成人、三十三厄年、四十二厄年、五十歳、還暦の各同級会と片貝煙火協会など計9本のろうそくが対で両脇に並びます。
 参道両脇には成人一人一人の名前が書かれたろうそくと地元の商店などのろうそくが境内中腹まで続きます。
昔は、参道脇も全て正面のように雪で台を作ってろうそくを並べたものでしたが、近年は雪が少なくろうそく立てになってしまいました。。。
境内にある相撲上もミニかまくらでとってもいい雰囲気です。

火を入れる前の「塞の神」に願い事をしながら、大事なものを入れてる子供が、とっても印象的でした(^^)

● 成人の仕掛け花火とスターマイン ●
小さいスターマインながら、冬の花火はやっぱり色がとってもきれいです。
それを伝えきれない腕のなさが、情けない・・・

● ラストの仕掛け花火(神火)とスターマイン ●
ラストの仕掛け花火は、緑、赤、白銀と変化をしていき、そして「これぞ片貝!」
金冠スターマインで締めくくり。写真はブレたような感じですが、
それほど金星が繊細で、素晴らしい花火でした。う〜ん、満足♪

 今年は「かとうさん」がお見えになったということで、例年と若干違うスケジュール。
前述の通り、特にファンでもないため、17:00からの出演は見送り、17:30過ぎに家を出たのが誤算。神社に向かう途中、なんと発射音が。。。
「あっ、千輪だ」、「あぅっ、また千輪だ!」、「今度は万華鏡・・・」と、5発もヨダレものの花火が・・・。芸能人が来るから何かあるとは思っていたのですが。。。
まだまだ甘いですね(^^;

遊子さん、久しぶりにお会いできてうれしかったです。お世話になりました(^^)

2003年 花火観覧記へ