片貝町 除夜の108発奉納煙火
2002年12月31日〜2003年1月1日

新潟県小千谷市片貝町 浅原神社脇 
 2002年大晦日、「水戸年忘れ花火大会」という選択肢もあったのですが、悪天候の場合の道路状況など悩みに悩んだ末、結局毎年恒例となっている「除夜の108発花火」で2002年の花火見納めをすることに。
 例年は愚図ついた天候が多かったのですが、見事に期待を裏切り(?)星が輝いているほどの晴天。後日水戸参戦の花火仲間の皆さんの話を聞いて「やっぱ行けばよかった」と後悔しても後の祭り。。。この時点で今年の見納めは「水戸」と固く心に誓いました(^^)
 
 さて恒例の除夜108花火、23時35分 2発の号砲が打ち上げられた後、例年と同じく23時45分から打ち上げが始まりましたが、どうしたことか出だしのテンポが悪く、打ち上げ間隔が妙に空く。
しかしその後は順調に一発一発打ち上げが進み、そしていよいよ午前0時。
ドドドドドッーーーっと、小さいながらもスターマインの打ち上げ開始でございます!
新しい年を迎えるにふさわしい、色とりどりの花火は澄み切った冬空に映え、とてもキレイでした(^^)
 
 その後は単発に戻り、0時半前まで打上が続けられました。
最初のつまづきのせいか(?)、いつもより長かったですね(^^)
 打上玉は3号中心と、花火を鑑賞するというレベルではありませんが、一発一発打上げられる花火を見ながら、一年を振り返り、また新しい年に向かい気持ちも新たに「がんばるぞっ!」って、パワーを与えてくれる、そんなひとときの除夜花火でした。
 もちろん!このHPに訪れてくれる皆さんが、「この一年も健康で素晴らしい花火がいっぱい見れますように!」って、ちゃんとお祈りしておきました♪

 比較的形がまともで、写真写りの良かった玉を厳選(?)して掲載致しました。
小玉なので大きな画像は今回ご用意していません(^^;



2003年 花火観覧記へ