三条夏まつり 大花火大会
2002年8月4日
新潟県三条市 三条競馬場
「職人の町らしい趣向を凝らした花火たち」のキャッチコピーと間近であがる尺玉、仕掛スターマインに惹かれ、今年初めて観覧をしてきました。
 観覧場所は、「三条競馬場」と新潟方面より信濃川を渡った「六ノ町河川公園」の二箇所。
駐車場の関係と異常に混む県央三条地区の道路事情、そしてなにより尺玉堪能を考え、今回は三条競馬場に決めました。

 花火大会開始は午後7時30分、午後3時前に現地入りしましたが、隣接する競馬場の駐車場はまだ10台ほどとガラガラの状態。
この日は、柏崎、川口と「大柳火さん」からお借りしたディレクターチェア-の座り心地が忘れられず、アル○ン(偶然にもバーゲン中♪)で購入してから向かいました(^^)
 そのチェア-を持って競馬場スタンド前へ、敷地内には場所取りのシートも結構ありましたが、スタンド席もあるしで全然余裕です。チェアーに腰掛けての撮影のため、後ろの方の迷惑にならないようにと、スタンドに向かって左端に陣取りました。
 観客の出足はやはり遅く、6時頃からという感じです。7時過ぎには競馬場も多くの観客が入り、ここで危険防止の為、5500名の入場規制のアナウンスが入りました。
(どうやって調べてるんでしょう・・・謎)



水滴が・・・(T.T)
 花火大会の内容は情報等では打上数約8000発。
当日のアナウンスでは、スターマイン24組、尺玉171発、七号48発、五号53発と言ってました。ご参考に。
 さて肝心の花火はと言うと、一発目の尺を見たとたん「あれ?どこかで・・・」、そうなんです前日の「あらかわ大祭」と同じ阿部煙火さんでした。前日よりも距離も近く、スタンドにこだまする音響効果も手伝って迫力そのもの!尺玉は本当にバリエーション豊富で、しっかりと堪能させて頂きました(^^)

 そして、スターマイン。仕掛(片貝のような文字仕掛です)はともかくとして、どれも素晴らしかったですね。
 ただあと15分くらいというところで雨が当たってきてやむなく撤収、スタンドに入っての観覧となりました。
(昼間はあんなに天気良かったのに・・)
 中盤からのスタマは尺玉入りは当然のことながら、万華鏡や千輪といったおいしい花火も随所に入っておりホント良かったです。特に冠菊連打+千輪連打はブラボー♪でした(^^)
空中ナイヤガラもありましたよ〜ん。
(これは熱海の○分の一くらいの規模かな・・笑)


 一時間半の花火大会、開始まで待つこと約5時間(一人はヒジョーに辛いんです・・・泣)、終盤若干の雨に見舞われましたが、それを差し引いても有り余るほど充実した花火観覧となりました。そしてしっかりと阿部煙火さんのファンにもなっておりました(^^)



クリックすると大きな画像で見れます(^^)
2002年 花火観覧記へ