黒埼まつり 花火大会
2002年8月18日
新潟県新潟市 新潟ふるさと村裏 信濃川河川敷 
 昨年は強い風のせいもあったのですが、打上内容、そして大会アナウンスを聞きがっかりし、「もう行かなくてもいいなぁ」と思っていたのですが、そんなこと言ってられません!
 新兵器での撮影修行真っ只中ということで、懲りもせず行ってきました(^^;

 今回はライトアップされている「ときめき場所」をバックに入れようと思い、午後3時過ぎから打上げ場となる信濃川周辺を車で行ったり来たり。
 打上げ場は信濃川上流の信濃橋側中州。中州まで行くには至難の業だし、さらに上流じゃ花火もろくすっぽ見れないだろう、ということでやむなく却下(^^;
 事前の予報で北〜北東のやや強い風とのこともあり、結局昨年と同じ「新潟ふるさと村」の裏にしました。


 ふるさと村駐車場には4時過ぎに着きましたが、結構混んでました。ただ観光客が多いので、5時過ぎには徐々に引け、余裕は相当ありました。その後は分かりませんが・・・
 しばらく、ふるさと村でブラブラし、5時半ころ打上場目指して、いざ出発。
 歩くこと約10分、昨年の撮影場所よりちょっと上流側の正面特等席です(^^)

※本邦初公開!撮影現場風景です(^^) 
三条花火観覧以来とっても重宝している「コー●マン製ディレクターチェアー」、ちょっと荷物になるけど、最高!
 
 花火は一応、尺(10号)まで打上げられましたが、内容は割愛ということで・・・
しかし、あのアナウンス何とかならないものでしょうか。←って、言えばいいじゃん(^^;
打上げた後、「只今は、○○提供でした」だけ。個人打上げもあるのに敬称もなくって・・・
 やっぱり今年も聞いててイラついてました(笑)。あれだったら無い方がマシですね。
HPなどを見る限り、地域おこしで祭りを盛り上げていこう、という感じがするだけにとっても残念です。行かれた皆さんはどのように感じられたのでしょうか。

<撮影後記>
 今回もアングル固定での撮影です。
ちょっと慣れてきたせいか、「おぉっ!」という写真もチラホラで嬉しいです(^^)
風が結構あったのですが、撮影にはさほど影響はなく、ロケハンの重要性最認識した花火大会でした。。
 ただ段打ちのような「爆心」が・・・。あれは「お月様」なんです。好きなお月様もこのときだけは「邪魔だよ〜」って感じ(笑)  スタマ撮影は相変わらず進歩が感じられません。。。(悲)



クリックすると大きな画像で見れます(^^)
2002年 花火観覧記へ