ぎおん柏崎まつり 海の大花火大会
2004年7月26日(月)

新潟県柏崎市中央海岸
 花火観覧3日目。今日は待ちに待った柏崎!今年は「尺玉100発同時打ち」というとんでもないプログラムが組まれており、月曜日開催と言えども、行かないわけにはいかない。
 休暇を取り、早朝7:00に家を出発。外環道西川口ICより大泉JCへ、そして関越道と一路新潟に向かう。
途中雨に当られたが、なんとなく余裕。案の定、長いトンネルを抜けたら、雨の心配もなさそうで一安心。予定通り、10:00頃実家(小千谷市片貝町)に到着。
今日で花火観覧連チャン3日目ということもあり、実家で仮眠を取ることに。

 昼食を済ませ、13:00いよいよ柏崎に向け出発!長岡より、北陸道に乗り柏崎へ。
ところが、西山ICを過ぎた頃になんと雷雨!!一瞬嫌なカンジが頭をよぎったが、ニュースで雲の流れを見てきた後だったので、その予報を信じることに。やはり雨は一時的なものだったようで、柏崎ICについた頃は雨も降ってなく、ホッとした。

 14:00頃柏崎に到着し、まず現地入りしている愛好会メンバーに連絡を取り、観覧場所の確認をする。
今年はいつも観ている「シーユース雷音」前の観覧ポイントではなく、尺玉100発を狙うためそこより北側の特別有料駐車場の塀沿いとのこと。そこには既に6,7人のメンバーが集合しており、一旦そこに向かい、撮影機材等を預かってもらうことに。
その後車を停めに市街地へと向かう。
昨年は駐車場を出るのに2時間掛かった苦い経験があるため、今年は3年振りに仕事でお世話になっている地元の方のご好意に甘えさせて頂くことにした。
しばし歓談のあといよいよ会場入り。帰りを考え道順を確かめながら、徒歩で向かおうと思っていたところ、なんと観覧場所まで車で送ってくれるとのこと、おまけに地元ならではの抜け道を教えてもらいながらであった。感謝感激!駐車場から観覧場所まで徒歩換算すると10分ちょっと、距離的に申し分ない。

 観覧場所に到着して改めて会場全体を見渡すと、尺100発打ちは全体が見渡せるし、三尺の筒も正面にあり、なかなかのポジションである。が、海中空スタマの角度がキツイ感じがする。若干迫力感の問題もあったので、ロケハンを開始したが、初の同時打ちはやはり全景が見たいということで当初の場所に落ち着く。

 その後19:40打上開始まで、続々と集結する愛好会メンバーと楽しく歓談する。今回は愛好会スペシャルTシャツも出来上がり、さっそく袖を通したりして、楽しいひとときであった。会の象徴である「大柳火」をモチーフしたTシャツを見たら気軽にお声掛けくださいね(^^)

 さて、いよいよ花火開始!
会場左手から、スターマイン、単発。中央がワイドスターマイン、そして右手から海中空スターマインと、海岸をフルに使った打上はやはりいつ見ても壮観(^^)
相変わらずワイドスタマはスケールの大きさを感じさせてくれて、何回見ても飽きることがない。
大型プログラムの間に打上げられる、単発打ちの尺も見ごたえのある玉が多い。

 
 午後8時14分。誰もが楽しみにしていただろう、「尺玉100発同時打ち」
プログラムには「明日にチャレンジ!一瞬にかける尺玉100発1,500メートル一斉打上」と記されている。
打上場は会場左手側から一番長く伸びる防波堤。
一瞬静まり返った瞬間に、打上げられた尺玉の100本のゆっくりと上昇する昇曲導を見たときは、鳥肌ものでした。花火そのものは空中ナイヤガラって感じでした。
もう最高!(クリックすると拡大画像が見られます)
 
 プログラムもいよいよ終盤。午後8時55分は「海上三尺玉」
尺玉100発同時打ちと同じ防波堤の中央から打上げられた三尺玉は今年も見事に開花。盆も良く、星がスーッと海面まで落ちていくさまはいつ見てもいいですね(^^)
 3分後の午後8時58分には、会場をフルに使った打上構成で毎回楽しませてくれる「柏崎市民一同」
今年はなんと海中空が2方向打ち出し!良かったですね〜♪
ラストのワイドはやっぱりキマシタっ!大柳火&千輪!もう最高っ!!


 そしてラストはすっかり名物となった、「怒涛の尺玉300発」
初観覧以来、毎回煙に泣かされていましたが、今年はクッキリ!
 いきなり彩色千輪の同時打ちから入り、パート毎に良質な玉を揃え、見ていても飽きない。ラストはお約束の錦冠、そして花雷と、300発があっという間に感じられた今年の大会であった。
 話しは変わるが、今年の新潟県内で発行されている某雑誌には“2大花火徹底攻略”とかで、長岡と新潟花火が取り上げられている。そりゃないだろぉ〜!
 年々内容が濃くなっている柏崎。来年も目が離せない大会です。

 花火終了後は機材の片付けをし、一気に駐車場をめざす。
会場周辺は午後10時まで歩行者優先にて車の移動は出来ない。しかし、さすがに終了直後は大混雑である。人の波をかき分け、21:30には駐車場に到着。そして出発!すぐに国道8号に出られ柏崎ICへ。途中渋滞に巻き込まれたが、一応予定の範疇である。
22:00頃には高速北陸道に乗れ、長岡JCより関越道にて帰路に着く。
車の流れは順調そのもの、目標にしていた1:00に無事家に到着できました。

今回駐車場でお世話になりました、ぬまでんさん、現地でお会いした皆さん、どうもありがとうございました!


クリックすると大きな画像で見れます(^^)




三尺玉
●怒涛の尺 300発はこちら●

2004年 花火観覧記へ